相談・依頼の流れ

法律相談・法律相談回答書の作成



  当事務所では、原則として、事件依頼の前に法律相談をしていただくことになります。
 まずは法律相談をしていただいて、弁護士から、その案件の問題点や考えられる争点、今後の見通しなどを、法律相談回答書にて回答させていただきます。その回答をもとに、事件を依頼されるかどうかを検討していただきます。

 法律相談料金については、原則30分につき5500円(税込)です。複雑な問題を含む事件などでは、じっくりお話を聞かせていただくため、1回の相談が2時間程度となることが多いです。

  法律相談を希望される場合、当HP記載の事務所電話番号までお電話をいただき、法律相談希望の旨お伝えいただければ、法律相談の日程を調整いたします。その際に、簡単に事案の概要をお伝えいただけると幸いです。
 
  法律相談の際には、当該事案に関連する資料などを一通りご持参ください。
  ご持参いただけると、法律相談の際にこれらを参照して、より詳細な回答をすることができるため、できるだけこれら資料の持参をお願いいたします。

  法律相談終了後には、法律相談回答書をお渡ししています。


事件の依頼など                                                            

  法律相談の結果を受けて、事件依頼を希望される場合には、その旨ご連絡をください。
  事件受任の手続きに進む場合の、弁護士費用についてご説明をいたします。
① 着手金
  事件に着手する際、事件を引き受ける対価として支払っていただくお金です。金額は、事件の種類、依頼により何を求めるか、難易度などをもとにして決めるものです。依頼を受任可能と考えたときに、具体的な金額の説明をさせていただきます。
② 預り実費
  事件処理をするのに必要な費用のことです。切手代や裁判所に納める印紙などに用いるもので、事件受任時に一定額をお預かりし、その中から使っていきます。余った分は事件終了時にお返しすることになりますが、事件の進行途中で不足した場合は追加をお願いします。
③ 事後報酬
  事件終了時、事件の成功の度合いに応じて支払っていただくお金です。基本的には事件により得られた経済的利益の何%という割合で決めることになりますが、依頼契約の際に定めた金額ということになります。

④ 旅費日当
  弁護士が事件処理のために遠方に出張に行かなければならない場合の、交通費や日当です。実費に含めて処理をする場合もありますが、必要となる場合に相談させていただくことになります。

まずは・・・

  今現在悩み、苦しまれている場合はもちろん、将来的にこの件はどうなるのだろうか、自分がだまされているのかどうかわからない、このようなことで相談をしてもよいのかな・・・と思われる場合でも、まずはこちらまで、ご相談予約のお電話をいただけたら幸いです。
  

  電話番号 :079-281-0874